思い出作りにクラスtシャツを作成しよう【ネット通販がイチオシ】

Menu

気温にあわせて選ぼう

作業員

春夏用と秋冬用が必要

鳶服には、気温が高い時期に適した春夏用、気温が低い時期に適した秋冬用の2つのタイプがあります。現場では季節によって気温や湿度などの環境が変わるため、最低でも春夏用と秋冬用の両方を準備しておきましょう。春夏用の鳶服は、吸湿速乾性に優れた化繊、綿と化繊の混紡素材で作られており、通気性良いので暑い現場でも涼しいのが特徴です。気温が高い時期の現場で1日作業をすると、大量の汗をかくため、毎日洗濯する必要があります。そのため、春夏用の鳶服は最低でも二着は必要です。パンツには、裾の長さによって七分や八分、超ロングなどいろいろな種類がありますが、夏場には裾が長いパンツのほうが向いています。超ロングや超超ロングのパンツは、シルエットがゆるくなることから、たいへん通気性が良いためです。逆に、気温が低い冬場は、肌とパンツの生地がより近くなる七分やニッカボッカのほうが保温性に優れているので、季節によって裾の長さを考慮すると快適性が増します。気温が下がる時期にピッタリな秋冬用の鳶服には、デニムやキャンバス生地のような分厚い素材が使用されているのが特徴です。生地が厚いので防風性や防寒性に優れていて、寒風が吹いたり、雪が降ったりしている厳しい現場での作業を楽にしてくれます。また、生地が厚いことで、切創や打撲などから皮膚を保護する機能も高くなります。釘などの突起物に引っかかっても、簡単に破けるようなこともありません。ただし、生地が分厚くなると洗濯したときに乾きにくいため、冬場に鳶服を洗濯するときは、乾燥機を使用すると便利です。

おすすめ記事一覧

手芸用品

様々なファッション小物を

革は高価な素材ですが、はぎれに関しては業者から比較的安く購入できます。そしてこれを使えば、髪留めや二つ折り財布といったファッション小物を作ることが可能です。クオリティによっては売ることも可能なので、革のはぎれはサイドビジネスによく利用されています。ゴミとして処分せずに済むというメリットもあります。

スポーツ

大量注文でオトクに

フットサルの試合をされている方は、オリジナルのフットサルユニフォームを制作してみましょう。制作する際は業者を選ぶ必要がありますが、各業者の特徴を事前に確認しておきましょう。短納期、小ロット制作、デザインテンプレートが豊富などご自身やチームに合わせて業者を選択していきましょう。
作業員

鳶職人の仕事着

仕事着として着用する鳶服にこだわりを持ちたいのなら、専門のオンラインショップを利用しましょう。品質の高い製品を購入できるだけではなく、名前を刺繍してもらえるところもあるため、満足度が高い鳶服を手に入れられます。
Tシャツ

1着あたりの相場

クラスtシャツを全員で着用することで、集団の連帯感はアップします。オリジナルデザインにすると、その効果は一層高まります。料金は、tシャツ代金もプリント料金も約500円です。しかし注文数が多い場合、単価は安くなります。50着なら半額ほどになるので、このメリットからも多くの集団が利用しています。

Copyright© 2017 思い出作りにクラスtシャツを作成しよう【ネット通販がイチオシ】 All Rights Reserved.